乳がんの症状と検診

エストロゲンの影響期間が長い女性は乳がんのリスクが上昇します

乳腺にできる乳がんは、女性のがんで最も罹患数(新たにがんと診断された患者の数)の多く、30歳代から患者数が増加しはじめます。原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンのエストロゲンが発症と促進に関係していることが明らかになっています、。

若い女性にも発症例が増加しています

乳がんを発症しやすい人は、初潮年齢が早い、30歳以上で出産経験がない、閉経が遅い、肥満などエストロゲンの影響を受けている年月が長いという点が共通しています。また乳がんの一部には遺伝性のタイプもあるため、母親や姉妹など血縁者に乳がんになった方がいる場合もリスクが高まります。

これらの項目に該当するからと言って、カナずしもがんになるわけではありませんが、他の人に比べるとリスクは高くなることを自覚して、40歳を過ぎたらマンモグラフィー検診を受けるようにし、また乳房の自己検診でしこり、分泌物が出ていないかをチェックするようにしましょう。

子宮頸がん、卵巣がんなどと異なり、症状が体の表面に現れる乳がんは自分で発見できる可能性が高いがんです。ただし、痛みなどの自覚症状はないので、自己検診で早期発見に努めなければなりません。月経から10日ごろは、女性モルモンの関係で乳腺が一時的に委縮するため、しこりが発見しやすくなります。乳房の自己検診はこのタイミングで行うと良いでしょう。

乳腺は乳房全体に張り巡らされているので、乳房を万遍なく指で触れるよ必要があります。チェックする点は、@乳房が不自然にくぼんでいないか、皮膚のひきつれはないか、A乳首の位置がずれていないか、B乳首の沙希から血が混じったような分泌物が出ていないか、C両脇や鎖骨が腫れていないか、などです。気になる点があれば、早目に乳腺外科や婦人科の専門医に相談しましょう。

乳がんの早期発見のカギは、乳房の"しこり"ですが、しこりができる紛らわしい病気として、乳腺線維腺腫、乳腺症、乳腺炎があります。治療が必要なものとそうでないものがありますので、自己判断しないで医師の診察を受けましょう。

20〜30代の女性に多く見られるのが、乳房にできる良性のしこり「乳腺線維腺腫」です。ピンポン玉より少し小さいくらいのしこりができて、指で触れると乳房の下で転がるような感じします。乳腺と乳房の中の線維成分が増殖することが原因とされていますが、明確なメカニズムはわかっていません。しこりが小さいうちは治療は必要ありませんが、大きくなる場合は部分麻酔の下で簡単な摘出手術を行います。その後は年1回程度、定期検査を受ける必要があります。

30〜40代に見られる「乳腺症」は月経前になると乳房に硬いしこりを感じ、鈍痛があります。指で押さえてもしこり状としては触れずに、形がよくわからないものもあります。しこりの形やサイズはさまざまで、複数のしこりができることもあります。月経が始まると、症状は和らぐのが特徴です。

乳腺症の原因はわかっていませんが、卵巣など内分泌系のバランスが崩れて、しこりになると考えられています。乳がんとの判別が重要ですので、画像診断等をおこない、しこりが良性の物で症状も軽い場合は、経過観察となります、痛みが強い場合は、ホルモン剤で痛みを緩和するか、手術でしこりを摘出します。乳腺症は稀にがんを併発することがあるので、定期的な検査を受けることになります。

授乳中の女性に起こりやすい「乳腺炎」は、乳房の内部に起きる炎症です。最近の感染が原因となる「急性化膿性乳腺炎」と、乳房に乳腺が溜まって乳管の通りが阻害されることが原因の「うっ滞性乳腺炎」があります。

急性化膿性乳腺炎は、乳房が赤く腫れたり、しこりができたり、痛み、発熱などの症状が現れ、悪化している場合は膿がでることもあります。消炎剤や抗生物質による治療で大半のケースは症状が治まりますが、膿が溜まっている場合は切開して膿を取り除くことが必要です。

うっ滞性乳腺炎は、乳腺に詰まった乳汁によって乳房が腫れあがり、乳汁が溜まった部分がしこりのように硬くなり、痛みを伴います。実際に炎症が起きているわけではないので、溜まった乳汁を絞り出したり、マッサージをすれば症状は改善します。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2016 iabcr2014.org All Rights Reserved.