乳がんの症状と検診

がん細胞にホルモン感受性があれば、ホルモン療法が効果的

乳がんの約70%は、増殖の際にエストロゲン(卵胞ホルモン)を取り込んでいますので、ホルモン剤を投与することでエストロゲンの働きを抑えて、がんを増殖を抑制しようという考えで誕生したのが「ホルモン療法」です。

閉経前と後では治療薬が異なる

ホルモン剤が効果を示すのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の受容体があるがん、具体的には、「ホルモン感受性陽性」と判定された、ルミナールA型、ルミナールB型、ルミナールHER2型が対象となります。

初期治療としてホルモン療法を導入することで、治療後の再発リスクを半減させ、進行・再発した場合でもがんの進行を抑える効果があります。再発予防を目的にホルモン療法を行う場合は、治療後5年間を一つの目安としていましたが、再発リスクの高い人はさらに5年間(=計10年間)持続したほうがよいとされています。

乳がんの治療に使用されるホルモン剤には、抗エストロゲン薬(ノルバデックス、フェアストン、フェソロデックス)、LH-RHアナログ製剤(ゾラデックス、リュープリン)、アロマターゼ阻害薬(アロマシン、フェマーラ)などがあります。

抗がん剤に比べてホルモン剤は副作用が少ないと言えますが、特有の副作用が現れることがあります。まず女性ホルモンの働きを抑えるため、気分の落ち込み、イライラ、のぼせ、発汗など更年期障害に似た症状が現れます。若い女性がL H-RHアナログ製剤を使用すると、症状が強く現れる傾向にあります。

女性ホルモンは骨の形成にも関与しているため、閉経後に使用されるアロマターゼ阻害薬では骨粗鬆症、関節痛が起こることがあります。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2016 iabcr2014.org All Rights Reserved.