乳がんの症状と検診

乳がんの手術後10年間は再発リスクに備えて定期検診が必要です

乳がんの治療において乳房摘出などの手術を行った後、約10年は再発のリスクがあります。再発の多くは手術後5年以内に起こりますが、進行が比較的遅いので、10年以上経ってから再発するケースもまれにあります。

定期的な検査を忘れずに

したがって、手術後も手術を実施した病院で定期検診を受ける必要があります。手術を受けてから最初の3年間は3か月ごと、それ以降は半年から1年に1回のペースで検査を受けるのが一般的です。

再発が心配で頻繁に定期検査を希望する患者さんもいますが、乳房の痛み、腫れなどの自覚症状が出てから治療を開始するのと、症状が出る前に早期発見して治療を開始した場合では、病気の進行、治療効果などに差が見られないというデータがあるため、再発の早期発見のメリットは少ないと考えられます。

また頻繁な検査は結果が出るまでの不安を抱える時間も検査費用もそれだけ大きくなってしまいます。近年は乳がんの手術を実施した病院と乳腺クリニックが連携して、検査や不安の相談などを行うところも増えてきました(二人主治医制度)。検査では年1回の頻度でマンモグラフィーを実施し、がんが疑われる異常が見つかった場合は、血液検査やMRI検査を実施します。

手術をした乳房のがんの再発だけでなく、健康だった反対側の乳房に新たにがんが発見されることもあります。健康な側の乳房も年1回の頻度でマンモグラフィーや乳腺エコーを受けることが大切です。また月に1度は自分の指で乳房を触診する乳がんのセルフチェックを実施して、しこりや乳頭からの分泌物がないかを確認するようにしましょう。

セルフチェックは20歳を過ぎたら行うのが理想的で、月経開始の7〜10日後は乳房の腫れや痛みがないため、そのあたりを目安にします。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2016 iabcr2014.org All Rights Reserved.